HOME > 債務ノート > 過払い金と過払い金請求 > 過払い金返還請求とブラックリスト

債務ノート

過払い金返還請求とブラックリスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過払い金返還請求は、本来払わなくて良かったお金を払っていて、それを返してもらうことが出来る手続きであり、借金が減額されたり、お金が戻ってくることもあるので、メリットしか存在しないように考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、残念ながらデメリットと言えるものも存在します。

過払い金返還請求のデメリットとしてよく挙げられるのが「ブラックリストに載ってしまう」ということです。
 

そもそもブラックリストって本当にあるの?

一般的にブラックリストと呼ばれているものは、正式には「個人信用情報」というもので、CIC割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関が取り扱う情報のことです。

実はこの情報、自分自身のものについてはCICのホームページ上から開示請求が可能になっています。利用手数料として1,000円かかりますがPDFファイルですぐに開示してもらえますので、気になる方は調べてみましょう。

ブラックリストに載るとどうなるの?

ブラックリストに載ってしまうと、一般的に5年~7年間ほど、お金を借りることができなくなってしまうと言われています。

返済能力が無い、と信用情報機関に情報を掲載されてしまうのですから、新たにお金を借りることができなくなってしまうのは当然のことと言えるでしょう。

過払い金請求をしてブラックリストに載ってしまうケースって?

費用
ですが、安心してください!
平成22年から、過払い金請求をしてもブラックリストに記載されないようになったのです!

ただ払い過ぎていたものを返してもらっただけで信用情報機関に情報を掲載されてしまうのはおかしい、ということになったからです。
ですので、過払い金請求をしても信用情報に傷がつくということはありません。

しかし、ここで注意が必要です。
借金完済後の過払い金返還請求は、ブラックリストに掲載されることはありませんが、「まだ借金が残っている段階での過払い金請求」をすると、信用情報に傷がついてしまう可能性があるのです!

簡単に説明すると、現在進行形で返済中の方が過払い金を請求し、金利の引き直しをしても債務が残ってしまう場合、「任意整理」といって債務整理とほぼ同じ状況に陥る可能性があるため、個人信用情報に登録されてしまうからです。

ブッラクリストに乗りたくない!という人は、完済後に過払い金返還請求をすることをお勧めします。

まとめ

過払い金返還請求をしても、ブラックリストに掲載されてしまうケースと、そうでないケースがあります。

自分で判断するのが難しい場合や、ブラックリストに載るのを恐れている場合、まずは取引履歴だけ取り寄せし、それを持って専門家に相談しに行くのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料相談可能な事務所

過払い金と過払い金請求カテゴリの関連記事