HOME > 債務ノート > 債務整理について > 債務整理でブラックリストに載る?

債務ノート

債務整理でブラックリストに載る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理をするとブラックリストに載ります。載らずに整理できるとか、ブラックリストから除外できるといったネット情報はすべて嘘です。

債務整理をすれば、5~7年間は個人信用情報機関に事故情報として残ります。

ブラックリストに載るとどうなる?

5~7年間はローンの利用ができなくなり、新規の契約もできません。
現契約中のローンがあれば、今後は追加融資は受けられません。
手持ちのカードは無効となり、債務整理の手続きをするときに弁護士から手渡すようにアドバイスを受けることもあります。

そもそもブラックリストとは個人信用情報機関の事故情報のことを指しており、債務整理をすると確実に載ります。
リストはすべての金融機関が閲覧可能なので、他社ローンの遅延、債務整理などの情報はここで調べられます。
審査を受けるときに複数社に一括審査の申し込みをすると借りられないのは、申し込みブラックの状態になるからです。

ブラックになると給料に見合った生活をするしかなくなりますが、これはそれほど大きな問題ではありません。
借金をしなくなれば、利息という手数料が不要になるのです。
家計における最大のムダ使いは、借金の利息を支払うことだと言われています。
利息から解放されることで、現金払いの安全性と節約効果を実感できるでしょう。

過払い金請求だけは例外

非免責債権
過払い金請求は債務整理には該当しないので、ブラックリストに載ることはありません。
ただし、過払い金を借金返済に充ててもゼロにならない場合は、残りを一括完済する必要があります。
これが無理で債務整理が必要になる場合は、事故情報として登録されてしまいます。

また過払い金請求だけでローンを完済できても、同社から今後借りることは難しくなるでしょう。
他社からの借入に関しては影響しないので、同社から借入できない場合は他社ローンを当たってみましょう。

おまとめローンはブラックにはならない

任意整理、個人再生、自己破産といった債務整理をすれば、必ずブラックリストに載りますが、おまとめローンに関しては無関係です。

おまとめローンは低金利ローンで複数社の借入を一本化することです。
ブラックにはまったく影響しないので、借金の負担を軽くしたい方は検討してみましょう。
一本化における注意点は、金利を下げることで返済額は減らせるけど、借入残高は変化しないことです。

利息を減らしても完済が難しいほどの借金があるなら、一本化するより弁護士に相談して解決するべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料相談可能な事務所

債務整理についてカテゴリの関連記事