HOME > 債務ノート > 債務整理について > 債務整理中はキャッシングをすることはできる?...

債務ノート

債務整理中はキャッシングをすることはできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

債務整理中はキャッシングの利用ができなくなります。
弁護士に依頼をした時点で、追加融資は受けられません。

正確には弁護士から貸金業者に対して受任通知が行ったタイミングから借入不可となるため、依頼してから数日間は借入できる可能性がありますが、弁護士からカード類を提出するように求められる場合が多いです。

債務整理をすると5年間は借りられない

債務整理をしてブラックリストに載ると、最低でも5年間はローンを組めなくなります。
キャッシングは当然のこと、クレジットカードの利用もできません。
信用力を必要とする金融商品の契約はできないと考えましょう。

街金の一部には、ブラックリスト中でもご相談くださいと宣伝しているところもありますが、債務整理をする状況においてキャッシングをするのは得策ではありません。
お金を借りることよりも、完済することに専念をしましょう。

親や友人からは借りることができますが、これを機に借金癖は抜いておくべきです。
借金癖のある方は常に借りることばかり考えてしまうので、債務整理を何度も繰り返す傾向があります。
借金を避けられる生活が理想でしょうが、家や車を購入するような状況でローンを組めないのは困るでしょう。
ブラック中は現金払いを徹底し、収入の範囲で生計を立てていきましょう。

債務整理後は契約中のローンはどうなる?

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s
債務整理をすると契約中のローンは返済しかできなくなります。
限度枠は凍結され、借入はできなくなります。
返済方法は銀行振込のみとなり、ATM返済や窓口返済、口座振替といった方法は選択できません。

自己破産は借金が全額免除となりますが、任意整理と個人再生は減額後の借金を3年かけて返していきます。
最長5年まで引き伸ばしてもらえる場合もありますが、基本は3年返済と考えましょう。
その期間中は毎月の指定日までに銀行振込で返済をする必要があるので、振込金額を間違わないようにしてください。

ブラックから解除されたら場合の借入

ブラックリストに登録後、一定期間が経過すればキャッシングの利用ができるようになります。一般的には債務整理から5年後とされますが、7年程度になることもあります。

ブラックから除外されたかどうかは、個人信用情報機関に情報開示をすればわかります。
除外されている場合はキャッシングの利用が可能ですが、整理対象にした業者に申し込むのは避けましょう。

自社データに顧客情報が残されているため、融資してもらえる可能性は低いです。
利用経験のない金融機関から借りるのが基本です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料相談可能な事務所

債務整理についてカテゴリの関連記事