HOME > 借金返済体験談 > 生活費の為

借金返済体験談

  • ★★★★

    生活費の為

    • 投稿日付 : 2017.01.16
    • 投稿者 : activeさん(40歳女性求職者)
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 借金をして良かったと思ったことを教えてください。

直ぐに借入できた事や当時は総量規制がなく増額融資も多額で数社との契約でも10万から50万までの範囲での借入額と増額融資になりました。
無人機ではなく店舗応対であった為に仮審査などは無く、そのまま本審査のみでスムーズに契約でき、その後のキャッシングや返済はATMからのみで可能でした。
増額融資の連絡なども数回あり現在の様に増額希望で断られる事はなかったです。
有名某社3件は多額の増額融資をしてくれ助かりました。

Q2. 借金をして後悔したことや、借金をしたことで失ったものを教えてください。

増額を満額いっぱい使用してしまい自転車騒動になり支払い困難になりつつも、紹介屋にまで手をだしてしまい契約できたものの内、手数料を取られる事となってしまった。
家族に知られ父からは借入先の社名と金額を全てメモする事となり、嫌ながら記載し、実家に居ては返済が不可能である事を感じて両親を捨て返済の為に県外に出て夜の仕事しかない、と判断と決意し県外の知人の職場へ身売りする事となり両親に自身の体までも捨てる事となってしまいました。

Q3. 借金の失敗談を教えてください。

最終は完済はしたものの、始めに延滞続き支払いの連絡がありました。
契約時の内容、利息などを、しっかり理解、把握せずに直ぐに借り入れが出来ると安易な気持ちで多数との契約、自転車騒動で返済しても全く借金は減らない一方で途方に暮れてしまい紹介屋に手を出してまで他社との契約。
毎月の返済額が上回る一方で生活が増々と悪化し体調不良まで発症してしまい一時期、入院をしてましたが復帰したものの借金返済に頭を悩ます日々でした。

Q4. 借金中の人やこれから借金を考えている人に一言お願いします。

現在は総量規制があり消費者金融からの借入額はクレジットカードのキャッシング枠も含めて年収の三分の1までとなっています。銀行であれば総量規制の対象外なので年収の三分の1ではないので、申込をする前に金利や総量規制の事を考えて、先に消費者金融へ申込をする前に自身に合った銀行のカードローン、または利用している銀行のカードローンの相談窓口にて相談して銀行のカードローンへ申込をする事です。
申込の優先順位としては、銀行、信販、消費者金融の順ですが、数社への申込は避ける事です。目処としては短期間内に三社までにしておいて下さい。
個人情報を金融機関はで調べますので多数への申込歴は判明してしまい、お金に困っている。と判断され本来なら可決できる銀行であったり、信販、消費者金融でも中々、可決も困難になります。
またネット上には多数、申込ブラック融資、ブラックの方への融資等を拝見されているかと思いますが、必ずしも融資されると言う訳ではありません、一種のアドバイスとして借り入れが出来た方が居るから大丈夫かもしれません。と言う安易判断であったり、闇禁が多数だったりしますので注意する事です。ネット上の匿名判断などの利用も避けた方がいいです。知らない金融、調べてみたら闇禁だったりの所からメールが送られたりしますので、この点にも要注意です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料相談可能な事務所