HOME > 借金返済体験談 > 東京に1人暮らしをしていました。当時、若かった事もあり遊ぶお金などが欲しかった。...

借金返済体験談

  • ★★★★

    東京に1人暮らしをしていました。
    当時、若かった事もあり遊ぶお金などが欲しかった。

    • 投稿日付 : 2017.01.16
    • 投稿者 : みくさん(32歳女性自営業)
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 借金をして良かったと思ったことを教えてください。

手元に実際のお金がなくても、借金することでお金を手にする事ができました。その為、どうしても欲しいものや当時、若かった事もあり、付き合いなどで「お金がないからごめん」と断る事もありませんでした。また、いろいろな思い出をつくることができました。
また、1番良かったのは当時、親に借金をすることが絶対に嫌だったので、親ではなく他の所からお金を借りる事ができ、自己責任でお金を借り、返済できるというところが個人的に良かったと思います。

Q2. 借金をして後悔したことや、借金をしたことで失ったものを教えてください。

当時は、利息について何も考えずに借りていたので、後々、借金を返済していく上で「利息」のために借金返済をしていると思うようになりました。
毎月返済をしているのに借金は減らないと精神的に辛くなっており、そういう状況を目の当たりにしたときに借金なんてしなければよかった。
あの時、特に借金する必要もなかったのに節約しておけばよかったと利息を考えるととても後悔しました。
また、結果的に借金を返済するために節約する事になったのでプラスマイナス0のようにも思いました。

Q3. 借金の失敗談を教えてください。

1度借金をし始めると、借金が普通になってしまいます。
その為、最初は1万円だけ借りようと思っていても、簡単にお金が手に入るので1万円だけにはおさまらず結果的に数十万などの借金になってしまいます。
その為予想以上に借金が膨れ上がってしまいました。
借金をするにしても、まずこれだけ借りたら利息はいくらになるのか?また、他に利息が安いところはないか?など借金をする前にしっかりと下調べをして計画をたてておけばと思いました。

Q4. 借金中の人やこれから借金を考えている人に一言お願いします。

上記にも記載しましたが、1回借金してしまうと「お金がカンタンに手に入る」と錯覚してしまいます。
その為、何も考えていないと「あと1万円」「あと5万円」「あと少しならいいか」とどんどん知らないうちに借金は膨れ上がってしまいます。
借金は決して自分の稼いだお金ではありません。
また、借りている分、返さなければいけない金額も多くなるわけです。
どうしても借金しなくてはいけない状態の方もいると思います。私が賢い借金の仕方だなと思ったある男性の話をします。
彼は当時、給料が大変少なく生活もぎりぎりの生活でした。そこで借金をする事を決めたのですが、「月に1万円だけ借りる」という事は絶対に守って借金をし続けました。

その後、彼の給料は増えて借金もなくなりましたが、彼の話を聞いて借金する前に「金額を決める」そして「それを絶対に破らない」という覚悟が借金をする上では必要だと思います。そうでなければ、後々、後悔するのはあなた自身です。借金をしなくてもいい生活になっても、利息の支払いの高さに馬鹿らしくなってしまいます。どこかのCMの言葉のようですが、借金をするならば借金をする前に
「計画」をしっかりと立てる事が最重要だと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料相談可能な事務所