HOME > 債務ノート > 下流社会の基礎知識 > 下流社会の基礎知識|クレジットカード現金化はブラックOK?...

債務ノート

下流社会の基礎知識|クレジットカード現金化はブラックOK?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカード現金化は、借金を抱え現金を必要としている人にとって頼りになります。

クレジットカード現金化

あからさまな現金化目的の利用は、クレジットカードの停止に繋がりますが、常識の範囲内であればリスクを回避して活用する事が出来ます。
クレジットカード現金化とは、現物をカードで購入してから現金に変える方法です。

借金を行っている場合、友人相手であれば、現金以外の返済方法を受け入れて貰える可能性はあります。
しかし、金融会社相手であれば、原則として現金が必要なので、何らかの方法で返済資金を調達する事が欠かせません。

収入を増やす事が出来れば、借金の問題の多くは解決しますが、現実として簡単に実現する事は難しいといえます。
より具体的で現実的な方法としては、新たに借金を行い現金を引き出す事ですが、ブラックとしてマークされている場合は困難です。

借金のピンチを回避する手段

edba01925f3675962388cccf6284d9af_s
借金のピンチを回避する方法、クレジットカード現金化は今直ぐ使える借金の解決手段です。
新たな融資が断られるブラックだとしても、既に所有しているカードであれば、これを利用してクレジットカード現金化を行う事が出来ます。
クレジットカードの現金化は、当然ながら利用した金額の返済は必要ですが、返済までに日数が稼げる事は利点です。

また、希望額100%を実現する事は難しくても、クレジットカード現金化の特徴に加えて、コツを最大限まで活かせば希望を現実に変えられます。

クレジットカード現金化を行う時のコツ

クレジットカード現金化を行う時は、換金率が高い商品の購入を行う事、そしてロスを少なくしてより多くの現金を手に入れる必要があります。
金銭的価値が高い商品を狙う事で、クレジットカード現金化の有効性は高まります。

中古買取で新品よりも大幅に値が下がる商品は、クレジットカード現金化目的の購入商品としては適していません。
クレジットカード現金化を利用する際、興味がある品物や欲しい商品に意識は向かいがちですが、最終的な目的を忘れず行動する心掛けは大切です。

ただ、短期間に大量購入を行ったり、換金率が高い商品ばかりを狙って利用する事は、クレジットカード会社からマークされる原因になります。
カードを使って現金を得る手法は、間を開けて商品購入を行ったり、換金率が低い商品を混ぜて購入する等、バレないコツを活用する必要があります。

なお、クレジットカード現金化を前提として融資を行う存在は、低い換金率で借金を背負わせるので、間に挟まず直接現金化した方が有利です。

借金の増加とブラック化は、返済を困難な状況に追いやりますが、手持ちのカードを常識の範囲内で利用したり、通常利用と認められる商品購入を行えば、購入した商品の扱い方次第で返済の危機を乗り越える事は可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料相談可能な事務所

下流社会の基礎知識カテゴリの関連記事