HOME > 借金返済体験談 > 生活費のため

借金返済体験談

  • ★★★★★

    生活費のため

    • 投稿日付 : 2017.01.16
    • 投稿者 : ぬまさん(30歳男性会社員(サービス業))
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q1. 借金をして良かったと思ったことを教えてください。

借金をしてよかったことはとりあえず当面の生活費をゲットできたこと。
一時的にお金ができたので、普通の生活ができるようになり、遊びにも行けた。
会社の同僚との付き合いも普通にできるようになり、そこそこ良い食事もできたし服も買えた。
滞っていた車や家賃といった固定出費の返済もできた。
月々の返済額もそんなに大きなものでは無かったので、負担にはならなかった。
そういう面ではかなり助かったし、借りた当時は悪いこととは思わなかった。

Q2. 借金をして後悔したことや、借金をしたことで失ったものを教えてください。

後悔したことは、金に対する考え方が悪い方向に変わってしまったこと。
今まで支払いが苦しくてどうにもならなかったものが、借金をして返済することで楽になったのだからそれもしょうがないかもしれないが、
借金を返済するために借金をする、ということが根本解決になっていなかったことに気づけなかった。
固定出費は全て返済するまで終わらないので、結局、追加で借金した分だけ返済が増えてしまった。
失ったものは借金に対する恐怖心、自分に対する信用。

Q3. 借金の失敗談を教えてください。

簡単に金を借りられたので、少し困るとまた借金をしてしまうクセがついてしまい、数社から借金をしてしまった。
また、返済日が大きく違う会社から複数借りてしまったので、返済日が小刻みに訪れてしまい、常に返済に対して困窮してしまうことになった。
1社返すと、また枠ができるので、すぐに借りれてしまう状況が生まれ、返してはちょこちょこ借りる、また返してはちょこちょこ借りる、
という状況に陥ってしまい、元金の返済がいつまでたっても終わらない。
せめて1社だけにしておけばよかった。

Q4. 借金中の人やこれから借金を考えている人に一言お願いします。

今の世の中、借りるのは簡単です。信用さえあればお金を貸してくれます。
ただし、返すことは何よりも難しいと考えてください。
人から簡単にお金を借りようと思う人は、簡単に返すことはできません。
借金をすると一時的に楽になりますが、そのつけはあとから必ずやってきます。
経験したから言えることですが、一時的に楽になるより、辛い時期に自分の生活水準を低くしてコツコツとやっていくことが重要だと思います。
どうしても借金をすることになってしまったのであれば、絶対に1社だけにしてください。
そして借りた後、カードはすぐに破棄すること。カードが無くても返済はできます。
50万100万程度なら、毎月の支払額はそんなに大きなものではありません。

一度借金をすると、なんて簡単に貸してくれるんだと思ってしまい、借金に対する耐性が無くなってしまいます。
貴方が今楽になったのは、貴方の力ではなく、人の力に因るものです。
しかもその借りた力は、借りた分以上の労力で返さなければなりません。

もちろん、全て自分で管理できて、返済計画もしっかり立てられる方には無用な心配かもしれません。
しかし、借金をするということは、何かしら失うものも必ずあると思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料相談可能な事務所